【超ポイントバック祭】 「中堅無線通信機10社」技術開発実態分析調査報告書-経営戦略・管理


■パテントテック社 

■編集者:インパテック株式会社
■発刊日:2009年11月25日
■資料体裁:A4版、全252頁、簡易製本



★他社の技術開発の実態を把握し、勝ち抜くためのエッセンス

1.調査目的
 公開件数、発明者、および特許分類などに対し、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、
 (1)「中堅無線通信機10社」にどのような技術の公開があるか、
 (2)「中堅無線通信機10社」の技術開発動向はどのように推移しているか、
 (3)「中堅無線通信機10社」が最近注目する技術は何なのか、
 (4)「中堅無線通信機10社」と共同出願人間の連携状況はどのようになっているか、
等を明確にして、「中堅無線通信機10社」の知財の現状につき具体的なデータを提供し、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。

【中堅無線通信機10社】
 1.日本無線グループ 2.エプソントヨコム 3.NECインフロンティア
 4.サクサ 5.岩崎通信機 6.ナカヨ通信機 7.アイコム
 8.池上通信機 9.ユニデン 10.明星電気
(注)上記10社に包含される企業は、参考資料1.「出願人統合リスト」に掲載した。

2.特許情報の収集と処理
  本調査報告書は、「中堅無線通信機10社」の過去10年間(国内公開日:1999年~2008年)に及ぶ公開特許について、「特許検索ASPサービスSRPARTNER」((株)日立情報システムズ 製)を使用し、検索、収集した。また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト 「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。

<検索方法>
S1(公報発行日):19990101:20081231
S2(公報出願人):
日本無線株式会社+長野日本無線+上田日本無線+エプソントヨコム株式会社
+NECインフロンティア株式会社+日通工株式会社+サクサ株式会社
+田村電機製作所+大興電機製作所+岩崎通信機株式会社
+株式会社ナカヨ通信機+アイコム株式会社+池上通信機株式会社
+ユニデン株式会社+明星電気株式会社
論理式:S1*S2 =8,229件(出力件数)

3.報告書の構成
 本報告書は、以下の3つの部分から構成されている。

(1)パテントマップ編
 A.技術開発成果(公開件数の推移)
 B.技術開発リソース(発明者の状況)
 C.技術開発分野(特許分類、キーワードの分析)
 D.中堅無線通信機10社比較分析
 E.中堅無線通信機10社個別分析
 F.3社の比較分析(日本無線グループ、NECインフロンティア及びサクサ)
(2)パテントチャート編
(3)総括コメント

4. 本報告書の特徴
 ●「中堅無線通信機10社」の技術動向が分かりやすく把握できる
 ●パテントマップ等で視覚的に理解しやすい
 ●パテントチャートにて、特許の詳細情報が一覧できる



はじめに

調査分析結果

1.パテントマップ編
A.技術開発成果(公開件数の推移)
A-1.公開件数の推移(年次)
A-2.公開件数の推移(累計)
A-3.出願人別公開件数ランキング(上位50)

B.技術開発リソース(発明者の状況)
B-1.発明者数の推移(年次)
B-2.発明者数の推移(累計)
B-3.新規発明者数の推移(年次)
B-4.新規発明者数の推移(累計)
B-5.発明者別公開件数ランキング(上位50)

C.技術開発分野(特許分類の分析)
C-1.分類数の推移
C-1-1.新規FIメイングループ分類数の推移(年次)
C-1-2.新規FIメイングループ分類数の推移(累計)
C-1-3.新規FIサブグループ分類数の推移(年次)
C-1-4.新規FIサブグループ分類数の推移(累計)
C-1-5.新規FI分類数の推移(年次)
C-1-6.新規FI分類数の推移(累計)
C-1-7.新規Fタームテーマコード分類数の推移(年次)
C-1-8.新規Fタームテーマコード分類数の推移(累計)
C-1-9.新規Fターム分類数の推移(年次)
C-1-10.新規Fターム分類数の推移(累計)
C-2.分類別公開件数
C-2-1.FIメイングループ分類別公開件数ランキング(上位50)
C-2-2.FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
C-2-3.FI分類別公開件数ランキング(上位50)
C-2-4.Fタームテーマコード分類別公開件数ランキング(上位50)
C-2-5.Fターム分類別公開件数ランキング(上位50)
C-2-6.FIメイングループ分類別公開件数の伸長率(上位50)
C-2-7.FIサブグループ分類別公開件数の伸長率(上位50)
C-2-8.FI分類別公開件数の伸長率(上位50)
C-2-9.Fタームテーマコード分類別公開件数の伸長率(上位50)
C-2-10.Fターム分類別公開件数の伸長率(上位50)
C-2-11.FIメイングループ分類別公開件数の推移(上位40、累計)
C-2-12.FIサブグループ分類別公開件数の推移(上位40、累計)
C-2-13.FI分類別公開件数の推移(上位40、累計)
C-2-14.Fタームテーマコード分類別公開件数の推移(上位40、累計)
C-2-15.Fターム分類別公開件数の推移(上位40、累計)
C-3.分類別展開
C-3-1.FIメイングループ分類別出現・消失状況(上位40)
C-3-2.FIメイングループ分類別出現・消失状況(最近出現40)
C-3-3.FIサブグループ分類別出現・消失状況(上位40)
C-3-4.FIサブグループ分類別出現・消失状況(最近出現40)
C-3-5.FI分類別出現・消失状況(上位40)
C-3-6.FI分類別出現・消失状況(最近出現40)
C-3-7.Fタームテーマコード分類別出現・消失状況(上位40)
C-3-8.Fタームテーマコード分類別出現・消失状況(最近出現40)
C-3-9.Fターム分類別出現・消失状況(上位40)
C-3-10.Fターム分類別出現・消失状況(最近出現40)
C-3-11.FIメイングループ分類別公開件数の伸びと構成率(上位20)
C-3-12.FIサブグループ分類別公開件数の伸びと構成率(上位20)
C-3-13.FI分類別公開件数の伸びと構成率(上位20)
C-3-14.Fタームテーマコード分類別公開件数の伸びと構成率(上位20))
C-3-15.Fターム分類別公開件数の伸びと構成率(上位20)
C-4.キーワード分析
C-4-1.キーワード別公開件数ランキング(上位100)
C-4-2.キーワード別出現・消失状況(上位80)
C-4-3.キーワード別出現・消失状況(最近出現80)

D.中堅無線通信機10社比較分析
D-1.公開件数の推移(累計)
D-2.新規FIメイングループ分類数の推移(累計)
D-3.新規FIサブグループ分類数の推移(累計)
D-4.新規FI分類数の推移(累計)
D-5.新規Fタームテーマコード分類数の推移(累計)
D-6.新規Fターム分類数の推移(累計)
D-7.新規発明者数の推移(累計)
D-8.共同出願人数の推移(累計)
D-9.中堅無線通信機10社間の公開件数相関
D-10.共同出願人上位20社との公開件数相関
D-11.上位20FIメイングループ分類との公開件数相関
D-12.上位20FIサブグループ分類との公開件数相関
D-13.上位20FI分類との公開件数相関
D-14.上位20Fタームテーマコード分類との公開件数相関
D-15.上位20Fターム分類との公開件数相関
D-16.公開件数占有率
D-17.公開件数の伸びと構成率

E.中堅無線通信機10社個別分析
E-1-*.FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
E-2-*.Fターム分類別公開件数ランキング(上位50)
E-3-*.FIサブグループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
E-4-*.Fターム分類別公開件数の推移(上位20、累計)
E-5-*.FIサブグループ分類別出現・消失状況(最近出現40)
E-6-*.Fターム分類別出現・消失状況(最近出現40)
E-7-*.FIサブグループ分類別公開件数伸長率(上位50)
E-8-*.Fターム分類別公開件数伸長率(上位50)
E-9-*.FIサブグループ分類別公開件数の伸びと構成率(上位20)
E-10-*.Fターム分類別公開件数の伸びと構成率(上位20)
E-11-*.独自キーワード別公開件数ランキング(上位50)
E-12-*.共同出願人との連携(上位50)
 注:E-1-*~E-12-*の”*”は中堅無線通信機10社が相当。

F.3社の比較分析(日本無線グループ、NECインフロンティア及びサクサ)
F-1.FIメイングループ分類別公開件数推移比較(上位20)
F-2.FIサブグループ分類別公開件数推移比較(上位20)
F-3.FI分類別公開件数推移比較(上位20)
F-4.Fタームテーマコード分類別公開件数推移比較(上位20)
F-5.FIメイングループ分類別公開件数の伸長率比較(上位20)
F-6.FIサブグループ分類別公開件数の伸長率比較(上位20)
F-7.FI分類別公開件数の伸長率比較(上位20)
F-8.Fタームテーマコード分類別公開件数の伸長率比較(上位20)

2.パテントチャート編
1.共同出願人富士重工業の時系列チャート分析
2.共同出願人東京工業大学の時系列チャート分析
3.共同出願人富士重工業のマトリクスチャート分析
4.共同出願人東京工業大学のマトリクスチャート分析

3.総括コメント

<参考資料>
【資料1】出願人統合リスト
【資料2】パテントマップの種別と見方


TAIYO 【個人宅不可】 高性能油圧シリンダ 140H-8-R2TA80BB150-ACAH2-TL [A092321]

【超ポイントバック祭】 「中堅無線通信機10社」技術開発実態分析調査報告書-経営戦略・管理

TAIYO 【個人宅不可】 高性能油圧シリンダ 140H-8R1CB80CB50-ABAH2-T [A092321]
PROTEC プロテック FZ-1 FZ-1S FZ-1 FAZER(06-)専用 デジタルフューエルメーター 車種専用精密燃料計 (DG-Y02)

ACRYPOINT ZXR250 (89-90年) ストリートタイプスクリーン (クリア) 140081
TAIYO 【個人宅不可】 高性能油圧シリンダ 140H-8R2FC63CB500-ABAH2-Y [A092321]TAIYO 【個人宅不可】 油圧シリンダ 100H-2R2FB100BB50-ABAH2-T [A092321]
DAYTONA ウインドシールドHC/PCX150(12-14) 91328ACRYPOINT Z1R (77-79年) ストリートタイプスクリーン (スモーク) 160301(TAIYO 【個人宅不可】 高性能油圧シリンダ 140H-8R2FE80AB50-ABAH2-L [A092321])
TAIYO 【個人宅不可】 高性能油圧シリンダ 140H-8-R2TA63AB500-ACAH2-L [A092321]
HURRICANE バーハンドルKIT(ブラック)/ZZR1400(-11)・ZZR1400(-CBF) <ブレーキホース:オリジナル ステンレス製> HBK608BS(MORIWAKI SKID PAD(スキッドパッド) STARLIGHT CB400SF H-V(99-07) (05030-22168-00) )HURRICANE バーハンドルKIT(シルバー)/ハヤブサ1300(08-12)(イモビライザー付) HBK660A
TAIYO 【個人宅不可】 油圧シリンダ 100H-2R1CA100BB200-ABAH2 [A092321](TAIYO 【個人宅不可】 油圧シリンダ 160H-1R1TC80BB250-ABAH2 [A092321])
TAIYO 【個人宅不可】 油圧シリンダ 100H-2R1FA80BB350-ABAH2-Y [A092321]
キタコ LCDデジタルスピードメーター PCX125 (752-1430800)
〒160-0017 東京都新宿区左門町13-3 仙丈ビル2F
KIJIMA リアキャリア(最大積載量5kg)スチール製 Ninja250 EX-250L (13-) Z250 ER-250C (13-) (210-210) HURRICANE バーハンドルKIT(ブラック)/ZX-10R(11-12)<ブレーキホース:アールズ アルミ製> HBK663B
TAIYO 【個人宅不可】 高性能油圧シリンダ 140H-81CS80BB50-AB-TL [A092321]
DAYTONA インパルス400[GK79A]用/「Blast Barrier」+「車種専用ステー」セット 61381-SET
BURIAL ハイパーGPクラッチKIT PCX150 KF12 KF18 (H16-50-01) このページのトップへ